子どもにスマホは教育に悪いのか?メリットとデメリットを解説

未分類

現代の子どもたちは、非常に早い段階からスマートフォンというテクノロジーに触れています。

保護者の間では、「子どもにスマホを持たせることが教育に与える影響はどうか?」という問題が議論されています。

7歳のうちの子が周りの友達みんなスマホ持ってるからほしいって言うんだけど、勝手に課金されたり詐欺などに遭わないか心配です。

お気持ちはとってもわかります。

多少のリスクはもちろんありますが、「交通事故が怖くて車に乗れない」と言っているようなものです。

この記事ではデジタル時代における教育の新たな可能性と知るべきリスクを明らかにします。

小さい子どもにスマホを与えるメリットは?

知育アプリの活用で勉強嫌いを防げる

知育アプリは遊び感覚で学習できるため、子どもたちのモチベーションを持続させます。

小学校から出た宿題を全然やってくれなくて困ってます。ついカッとなり怒ってしまい、泣かせてしまう時があります。

嫌がる子どもに対して無理やり勉強させても学習は一切しません。

勉強が嫌だからやりたくない”のではなく”今勉強したくない”という子がほとんどです。

勉強嫌いになるかどうかは親の指導の仕方次第です。

スマホでの勉強を楽しむようであれば積極的に取り入れてあげましょう!

ポイント

楽しんで覚えることが目的!覚える手段はスマホでもノートでもOK!

新しい情報を知り可能性を広げられる

日常では決して知り得ない情報をスマホを通じて学習できます。

変化が少ないない日常と、世界の出来事に触れるのでは情報量が段違いですよね。

未知を知る機会が増えるため興味のある分野も広がっていきます。

「あれもダメ、これも危ないからダメ」と否定ばかりでは可能性は閉ざされます。

ポイント

最も子どもを成長させることは新しい体験を沢山してもらうこと!

漢字の読みやキーボードの覚えが早くなる

YouTubeなどを見る時って必ず検索が必要ですよね?

検索の時に必ず目に入るのがキーボードです。

キーボード検索をすることでタイピングする技術が自然と身につくため、PCを初めて使用する際に困らなくなります。

また文字を見る機会が圧倒的に多いので、漢字や英語も自然と読めるようになります。

ポイント

動画で楽しむ段階で文字に触れるので無意識に学習できます!

小さい子どもにスマホを与えるデメリットは?

注意散漫と学習障害

Aさん
Aさん

ちゃんと勉強するという条件でスマホを与えたのにスマホで遊んでばかりです。

スマホの多様なアプリや通知機能は、子どもたちの集中力を削要因になります。

授業中にゲームやSNSの通知が頻繁に入るとそれらに気を取られてしまいますよね。

学習効率の低下を招く可能性があります。

ゲームやSNSの過剰利用

スマホゲームやSNSの過度な使用は、依存症のリスクを高めるだけでなく、学業や対人関係に悪影響を及ぼすことがあります。

特に夜遅くまで続くオンラインの活動は、次の日の学校での集中力や体調にも影響します。

睡眠時間の減少

夜遅くまでスマホを使用することは子どもたちの睡眠パターンを乱し、翌日の学校でのパフォーマンスに影響を与えます。

良質な睡眠は成長期の子どもにとって非常に重要であり、スマホの光が睡眠の質を下げることが科学的に示されています。

保護者ができる対策

制限時間の設定

スマホの使用時間を設定し、特定の時間帯には使用を避けさせることが重要です。

制限をかけないとやめるタイミングを見つけられずダラダラと続けてしまいやすいです。

今ではフィルタリングで細かく設定できるようになっています。

夜22時〜朝7時まで禁止、特定のアプリは1日30分までに制限かけれるなどできます。

iPhoneではスクリーンタイム、Androidではファミリーリンクを使用して簡単に設定可能です。

我が家のルールは学校から帰宅後の15時から16時の間は宿題の時間として制限をかけてます。その後17時からご飯までの時間を自由に使わせることで喧嘩の頻度は減りました。

教育的価値の高いコンテンツへの誘導

子どもの知識拡張、批判的思考能力の向上、創造性の刺激に寄与するものです。

例えば、科学実験を解説するYouTubeや歴史的な出来事をゲーム形式で学べるアプリなどが該当します。

楽しみながら学べる要素を含みつつ、実践的な知識や思考法が知らずに身についていきます。

家族でのルール作り

家庭内でスマホ使用に関するルールを定め、全家族がルールに従ってください。

皆様が思っている以上に子どもは親の行動を見ています。

お母さんがずっとスマホを見ていたら誰もルールに従うことはないでしょう。

食事中や家族の集まりの際はスマホを使わないというルールを設けることが、コミュニケーションを深める上でも効果的です。

親次第で子どもに良い影響を与えられる

スマートフォンは、使い方次第で子どもの教育に非常に有益なツールとなり得ます

重要なのはスマホ適切に管理し、遊びと勉強の折り合いをつけることです。

子どもたちの健全な成長と学習のために、保護者が積極的に関与することが求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました