賢い子に育てるなら寝る1時間前にスマホをやめよう!なぜ賢い子に育つのか理由も解説

未分類

子どもが健康な睡眠を確保するためには、寝る前のスマホ使用を適切に制限することが重要です。

多くの専門家は、就寝の1〜2時間前にはスマホをやめるべきだと推奨しています。

理由はスマホから発せられるブルーライトが睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑制し、寝つきを悪くするためです。

親が積極的に関与し、寝る前のスマホ使用を制限するルールを設けることが重要です。

寝る前のスマホ使用を控えることで子どもはより良質な睡眠を得ることができ、日中の活動にも良い影響を与えるでしょう。

健康な睡眠習慣が子どもの成長に与える影響

健康な睡眠習慣は子どもの成長と発達にとって非常に重要です。

十分な睡眠は身体の成長を促進し、免疫力を高めるだけでなく脳の発達にも大きな影響を与えます。

特に深い眠りの間に分泌される成長ホルモンは骨や筋肉の発達に欠かせないものです。

十分な睡眠によるメリットは?
  1. 脳の発達による学習能力の向上
  2. 骨や筋肉の発達による運動神経の向上
  3. 情緒の安定

良質な睡眠は日中の集中力や記憶力の向上にもつながります。

学校での学習や課外活動において睡眠不足が続くと注意力が散漫になり、学業成績にも悪影響を及ぼすことがあります。

健康な睡眠習慣は子どもの情緒にも影響します。よく眠れた子どもは感情のコントロールがしやすくなり、ストレスへの対処能力が向上します。

このように、健康な睡眠習慣は子どもの全体的な成長と発達に不可欠です。

親として子どもが十分な睡眠を取れる環境を整え、良好な睡眠習慣を身につけさせることが大切です。

スマホとブルーライトの関係性とは?

出典:https://blue-light.biz/about_bluelight/

スマホから発せられるブルーライトとは、可視光の中で波長が短くエネルギーが強い光のことを指します。

このブルーライトはスマホだけでなく、パソコンやテレビなどの電子機器からも発せられています。

ブルーライトは私たちの体内時計に影響を与え、特に夜間に浴びることで脳が「まだ昼間だ」と勘違いし、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌を抑制してしまいます。

その結果、寝つきが悪くなったり睡眠の質が低下することがあります。

子どもは大人よりもブルーライトの影響を受けやすいとされています。理由は子どもの目がまだ発達途中であり、ブルーライトを遮る能力が低いためです。

ブルーライトカットフィルターや夜間モードの活用、そしてスマホの使用時間を制限することで子どもの健康な睡眠をサポートすることができます。

各年齢層におけるスマホ使用の影響

スマホ使用の影響は、子どもの年齢によって全く異なります。

乳幼児期(0〜5歳)は特に敏感です。スマホの画面に長時間触れると視力の発達に悪影響を与える可能性があります。また、言語や社会性の発達にも支障が出ることがあります。

小学生(6〜12歳)学習と遊びのバランスが重要です。この時期にスマホを多用すると、外遊びや対面でのコミュニケーションが減り、運動不足や友達との関係構築に影響を及ぼすことがあります。また、宿題や勉強に集中できないこともあります。

中学生(13〜15歳)は自己管理能力がまだ未熟なため、スマホ依存に陥りやすいです。長時間の使用は、睡眠不足や成績低下の原因となることがあります。また、SNSやインターネットでのトラブルに巻き込まれるリスクも高まります。

高校生(16〜18歳)は自立心が芽生える一方で、スマホによる影響も大きいです。夜遅くまでスマホを使用することで、睡眠不足が蓄積し、体調不良や学業成績の低下を引き起こす可能性があります。

各年齢層に応じた適切なスマホ使用のガイドラインを設定し、健康的な生活習慣を維持することが大切です。

専門家が推奨するスマホ使用の制限時間

専門家は、子どもの健康と発達を守るためにスマホ使用の制限時間を推奨しています。アメリカ小児科学会(AAP)によると、2歳以下の子どもにはスマホやタブレットなどのスクリーンタイムを避けるべきとしています。これは、脳の発達に悪影響を与える可能性があるためです。

3歳から5歳の子どもについては、1日1時間以内の高品質なコンテンツに限定することが推奨されています。この年齢では、親が一緒に視聴し、内容について話し合うことが重要です。

6歳から12歳の小学生は、1日2時間以内のスクリーンタイムが目安です。宿題や読書、運動など、他の活動とバランスを取ることが大切です。

13歳以上の中高生については、特に夜間のスマホ使用を制限することが重要です。就寝の1〜2時間前にはスマホを使用しないようにし、睡眠の質を確保するためにルールを設定することが推奨されています。

上記のような利用方法を守ることで、子どもの健康な成長と良好な生活習慣をサポートすることができます。

寝る前スマホをやめるためにすぐできる対策5つ

寝る前にスマホを使うのをやめるために、すぐに実践できる対策を5つご紹介します。

①スマホの夜間モードを設定する

スマホの設定で夜間モードやブルーライトカット機能を有効にしましょう。

これにより、ブルーライトの影響を軽減できます。

②就寝前のルーティンを作る

スマホを使わないリラックスできる習慣を作りましょう。

例えば、読書や軽いストレッチが効果的です。

③スマホを別の部屋に置く

就寝前にはスマホを寝室から遠ざけることが大切です。充電ステーションをリビングなどに設置すると良いでしょう

④アラーム時計を使う

目覚ましにスマホを使う代わりに、アラーム時計を使用しましょう。

就寝前にスマホを触る必要がなくなります。

⑤スマホ使用の時間制限アプリを活用する

スマホ使用の時間を管理するアプリをインストールし就寝前にスマホを使わないように設定します。

これらの対策を実践することで、寝る前のスマホ使用を減らし、より良質な睡眠を得ることができるでしょう。

まとめ

スマホの使用とブルーライトが子どもに与える影響は深刻です。

特に寝る前のスマホ使用は睡眠の質を大きく低下させ、成長や学習に悪影響を及ぼします​​。

専門家は就寝前1〜2時間はスマホを避け、ブルーライトカットフィルムやナイトモードを活用することを推奨しています​。

子どもが健康な生活を送るためには、親が適切に管理してあげることが重要です​。

コメント

タイトルとURLをコピーしました